ありのままに。

 

あったかくなってきたので、最近は窓をあけて過ごしています。

いい感じに風が入ってきて気持ちいいです^^

でも窓を開けたら、話し声も大きな笑い声も、

ピアノの音も全部ご近所さんに筒抜けやな〜。笑

ピアノを弾きながら、そんなことを思いました。

 

私は、話し声や大きな笑い声が外に響くことより、

ピアノの音が外に聞こえることの方が気になったので、

いつもより音量を小さくして弾きました。

ほんとはいつもの音量で弾きたいと思っているのに、

なんだか恥ずかしくなってしまって。笑

 

私はこの時、間違えることや、

上手に弾けないこと?完璧じゃないこと?に対して、

恥ずかしさを感じていました。

別に間違ってもいいし、上手に、完璧に、弾けなくてもいいのに。笑

 

その時の私は、そのありのまま?の自分の状態を隠さず、

表現することに抵抗があったんやな〜と。

今ブログを書きながら思いました。面白い。笑

 

これは、今回の窓を開けたままピアノを弾くということだけじゃなくて、

例えば、ブログを書いて載せる時、

踊りを作っている途中で人に見せる時、

人の前で歌を歌う時もそうだな〜と思いました。

恥ずかしいからみんといて〜みたいな。笑

思えばよくこの言葉いってるな〜。笑

 

ありのままを表現することに抵抗があることや、

恥ずかしさを感じていることが悪いということではないけど、

でも、周りを気にしたり、完璧な状態じゃないといけないとか思わず、

自分が表現したい形で表現できた方が、気持ちいいな〜と思いました^^

気にせず、隠さず、オープンに。

ありのままの自分を^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です