行動が物語っている。

 

結局、午前中に起きれなかったです。笑

昨日ブログを書き終えてすぐ、布団に入って目を瞑っていたけど、

頭が働いて、なかなか眠れませんでした。笑

だから今日はちょっと方法を変えて、

ブログを書く時間をいつもより早くして

寝る時間を早めてみようと思います^^

 

今日は週に一度のzoom授業の日でした。

私の学校は、6月から分散登校(実習とか大学院生とか卒業ゼミ)が始まります。

週に1回か2回学校で踊れそうです。

今日は、その登校日をどんな風に分けるかという話合いをしました。

 

今日のzoom授業は参加する人が少なかったです。

休んだ人の理由は様々だったのですが、

先生がその時にいった言葉を聞いて、

ふと考えたことがあったので、そのことについて書きます。

 

先生がいった言葉はどんな言葉だったかというと、

理由がどうであれ参加するかしないかは自由だし、

課題を出すか出さないかも自由だから、

それはその人がどっちの行動をとってもいいんだけど、

嘘かどうかとか、手を抜いたかどうかとかは、

一緒にやっていくうちにわかってくるから、

もしやる気がないなら、まだ卒業ゼミを変えれるから、

考えなおして欲しい。

今は大学だから許されているけど、

外に出たらそんなこと許されないんだからね〜!笑 って。

そして、もしやると決めて舞踊の卒業ゼミをとったなら、

全員でやりきって欲しいから、

その人が変わってくれることを信じるしかないんだけど・・・

といったようなことを言っていました。(一字一句同じではないです。)

 

その時に、本当にその通りだな〜って思いました。

嘘か手を抜いたかどうかは、

しっかりみている人はみているから、

どんなけ隠してもバレるんだよな〜って。

どっちが良いとか悪いとかではなく。

仮に休んだ理由が本当だったとしても、

今までの行動の積み重ねがなかったら、

そもそも嘘とか手を抜いたとか思われないし・・・

そう思ったら、なんだか面白いな〜と思います。

 

そして、ひとつわかったことがあります。

それは、今まで自分たちがどんな風に関係を築いていたかということです。

対面ではなく、zoom授業・リモート授業に変わって

それぞれがひとりで判断して考えて行動するという状況になり、

それが露わになったと思います。

「みんながいたらなんとかなる」とか、

「まあいっか、誰かがしてくれるやろう」といって、

自分で自分の表現?をすることをしてこなかったんだと思いました。

常に「自分」ではなく「他人」という存在が大きいというか・・・

それで、偏りが出てくるから揉めるし、

揉めることがなくても、影で不満が募っていくのだな〜と思いました。

そして、そんな出来事に対して、自分も含め全員同意して、

そういう現実をみていたのだな〜と・・・

ここから私は抜け出したい!笑

だから、自分が考え方を変えて行動するしかないのです。笑

 

オンライン授業で不便なことも多く感じたけど、

自分の中でいろいろと考えられる期間になったのでよかったです。

これから学校がスタートしたら、

短い時間をどう使うかが重要になってくると思うので、

その辺もいろいろと工夫していきたいな〜と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です