ひとり旅日記 in名古屋

 

この前1人で初めて新幹線に乗って遠出(ひとり旅)をしてきました。

行き先は「名古屋」

無性に、名古屋名物を食べたくて^^

私が今回食べたいな〜と思っていたものは、

風来坊の手羽先とどて煮・味仙のにんにくチャーハン・ひつまぶしの4品でした。

これ全部食べれたらいいな〜と思ってワクワクしながら名古屋に向かいました^^

 

ーひとり旅のはじまりー

お昼頃に名古屋駅に着いて、私は大須商店街へ向かいました。

この商店街には食べ歩きができたらいいな〜と思い向かったのですが、

とても人が多く、その人の多さに圧倒されてしまい、

商店街の雰囲気だけ楽しんですぐに退散しました。笑

(日曜日だということをすっかり忘れてた。笑 次は平日に来てゆっくり堪能しよう。)

 

そして名古屋駅に戻った私は、

ああ何か食べたい。

座りたい。

一旦落ち着ける場所はないかな〜。

って考えながら、名古屋駅周辺を歩き回りました。

そして力尽きそうになっている私の目に入ってきたお店はなんと、

「コメダ珈琲」

ん〜。

名古屋でなくてもいける場所なんやけどな〜。と思いつつも、

もう疲れ果てていたので、笑

いや、ここに入ろう。

そう思い決めました。

決めて入ったタイミングがちょうどよかったみたいで、

すぐに入れて、荷物も置ける席に座ることができました。

(私が入った後から混み始めて、外で並んで待つお客さんがいた。)

 

ー立ち寄ったコメダ珈琲でのお話ー

メニューを見ながら、なにを注文しようかな〜と思っていた時に、

以前、友達と大学の近くにあるコメダ珈琲に行った時におすすめされていた

クリームソーダのことを思い出しました。

そういえばコメダのクリームソーダが美味しいって言ってたな〜。

頼んでみるか〜。

あ、でもなんかちょっと辛いもの?も食べたい。

そんなことを思って、私はクリームソーダとホットドックを頼みました。

 

先に届いたのはクリームソーダでした。

靴の形をしたコップの上に溢れんばかりのソフトクリームがのっていて、

その大きさにびっくりしました。

でも、驚いている間も無く、

はよ食べな溶けて大変なことになる〜と思い、急いで一口食べました。

その一口がその時の私にとっては、

とてつもなく最高に美味しく感じて、

疲れていた気持ちも、一瞬でどっかにふっ飛んで行ってしまいました。笑

(ものすごく単純。笑)

 

ホットドックでお腹を満たして、

ソフトクリームがいい感じに溶けて、さらに美味しくなったクリームソーダを飲みながら、

これからどうしようか〜といろいろなサイトを検索していると、

ホテルのチェックインが近づいていることに気がつきました。

チェックインまでここでゆっくりしてホテルに向かおう。

そう思ってぼーっとしていると、

ふと私の斜め前のカウンター席に座っていた女性が目に入りました。

その女性は、コーヒーを飲みながら優雅に本を読んでいました。

その姿を見て私は、なんだかいいな〜。って思いました。

私がなんでなんだかいいな〜と思ったかというと、

人がいっぱいいて、話し声もその空間にたくさん存在している中、

その人の周りだけがものすごく落ち着いた空間になっていたというか、

なんだか同じ空間にいるのに違う場所にいるように感じたというか…

本の世界に入っている姿とその横に置いてあるコーヒーがとても絵になっていて、

すごく1人の時間を堪能しているのだな〜いいな〜ってなんとなく感じたからです。

私もこんな風にコーヒー片手にカウンター席に座って本を読みたいな〜なんて思いながら、

私はコメダ珈琲を出ました。

 

ー今回泊まったホテルのお話ー

私が今回泊まったホテルは、「名鉄イン名古屋駅新幹線口」というところです。

なぜ私がこのホテルを選んだかというと、綺麗で駅から近い場所にあったからです。

プランはいろいろな種類があったのですが、

私は名古屋駅周辺の景色が見下ろせる高い場所の部屋に泊まれるプランを選びました。

このホテルは、GOTOトラベルキャンペーンの割引対象のホテルということもあり、

今回は、8700円のところを5655円+地域クーポン券1000円で泊まることができました。

(プラン:素泊り、スタンダードプラン、全客室バス・トイレセパレート&スランバーランド社製ベッド)

 

ホテルの中はとても落ち着いていて、すっきりとした空間でした。

受付の所には、宿泊者が自由にコーヒーなどを飲むことができる場所も置いてありました。

(私はそのことをすっかり忘れていて、利用しませんでしたが。笑)

エレベーターで部屋まで登っていったのですが、

思っていた以上に高層階の部屋で、少しエレベーターの中で酔いそうになりました。笑

 

部屋の中は白と茶色がベースの部屋で、

新築のちょっとお洒落なマンションの一室といった感じの内装でした。

ホテルなんだけど、一人暮らしを始めた子の家に遊びに来たみたいなそんな気分にもなりました。笑

 

部屋の窓をのぞけば見える名古屋の街並みは「ザ・都会」でした。

名古屋駅に向かって入ってくる新幹線や出て行く新幹線、

立ち並ぶビルやホテルを見下ろすのはとても新鮮でした。

新幹線の音が気になるかな〜

なんて思っていたけど、全然気になりませんでした。

そしてホテルを決める時には気にしていなかったけど、

バスルームとトイレがわかれていたのはとても良かったなと今は思います。

 

ー夕御飯を食べに行った時に起こった事件のお話ー

しばらくホテルで休憩したあと、

私は今回の旅のお目当であった、味仙と風来坊に向かいました。

私は、どちらもチェーン店だからどこの店舗に行ってもあまり変わりないだろうと思い、

場所だけ調べて、詳しく調べないままお店に向かいました。

でもそれは失敗でした。笑(失敗といっても、面白い失敗だった。)

というのも…

どちらも名古屋駅周辺にあるとのことだったので、

ハシゴできるやん!!と思って、まずは味仙に向かったのですが、

お目当のにんにくチャーハンはその店舗にはなく、

しかもそれに気づいたのは席に座ってメニューを開いてからだという…

お店を出ることもできないな〜と思い、

私は台湾ラーメンというものを卵付きで頼みました。

辛いということだけは知っていたけど、どれくらい辛いのかわからない。

自分は食べることができるんだろうか…

ものすごくドキドキしながら、くるのを待っていました。

 

こちら台湾ラーメンですと言われ見てみると、

そこにはテレビでよく見る、「絶対に辛い」やつが目の前に置かれていました。

・・・。

いやでも食べてみないとわからないな。よし。と思って思い切って一口食べました。

一口食べて、意外といけるかもしれないと二口目を食べた瞬間、

「絶対に辛い」やつが私の口の中を攻撃してきました。笑

人生で始めて、もう食べたくないって思いました。

こんなに辛い?というより痛い?食べ物は初めてで、

身体が拒否しているのがよくわかりました。笑

ああ、これはあかんやつや。と思いながらも、

どうにかこの口の中の痛いのをどうにかしたくて水を飲みました。

すると一旦は楽になるんだけど、

また食べ始めると、もうそれはそれは…

さらに辛く痛く感じるようになってしまい大変でした。笑

身体は暑くなって汗が止まらないし、

なんだか涙が出てくるし、その涙を流すまいと必死になりながら、

いったい自分は何と戦ってるねん〜とツッコミながら、

汁を出来るだけ落としてレンゲの上に乗せて食べるという工夫をしながら食べきりました。

食べきった瞬間、

よし食べたぞ。

もうここは満足。

ごちそうさまでした。

早く牛乳か飲むヨーグルトを飲みたい。

(Youtuberがよく辛いものを食べるときに飲んでいるもの)

ささっと食べてすぐにお店を出ました。笑

そして、名古屋駅を歩き回りコンビニのような場所を探し、

飲むヨーグルトを手に入れ、ヒリヒリトゲトゲして痛い口の中を癒しました。

誰かと一緒に来ていたらきっとこの状況に爆笑しながら走り回っていただろうな〜。笑

私はマスクの下で1人笑いをこらえました。笑

 

飲むヨーグルトを飲み終えて落ち着いた後、風来坊に向かいました。

手羽先とどて煮を求めて・・・

そしてお酒も一緒に飲みたい!と思ったので、梅酒ロックも頼みました。

(梅酒ロックはその時自分の中でハマっていた。)

はじめて1人でお店に来てお酒を飲んだ!!

なんだかちょっと大人になった気分でした。笑

自分のペースでゆっくりと飲めるからそれもまたなんだかいい感じ♪

 

手羽先とどて煮は、

以前名古屋に住む知り合いの方たちと行った店舗の風来坊さんの方が美味しかったな〜

というのが正直な感想でした。

それを感じた時に、やっぱり作る人によって味?美味しさ?が変わって来るんだな〜と思いました。

同じものを食べているのに、食べて感じるものが違うってなんだか面白いです。

1日目に食べたかったものは全て食べれたので、大満足。

ごちそうさまでした^^

ホテルに帰ってすぐに寝ました。

(ホテルで綺麗な布団に寝そべってゆっくりゴロゴロする時間が私は好きです。)

 

ーひつまぶしを求めてー

私が名古屋に来て食べたかった最後の一品。

「あつた蓬莱軒」のひつまぶし!!

名古屋のことを調べていると絶対に上がってくるお店で、

行列ができるほどのお店だということだったので、

どんだけ美味しいんや!と気になっていました。

並ぶのは嫌だけど、平日だし大丈夫だろうと思い向かいました。

行ってみると少し列ができていました。

でも、嫌だな〜と思うほどの列ではなかったので待ってみました。

するとどうやら前に並んでいた人から予約ができるようになっていたみたいで…

私は11時40分からの予約枠に入ることができました。

 

11時40分までは30分くらい時間があったので、

ふらふらと近所を散歩してみようと思って散歩をしました。

車がたくさん通る道をみて、

ああ名古屋は車社会なんだな〜。

その中をリュック背負って歩いてるん面白いな〜。

歩いている人おらへんな〜。

なんて思いながら…

また、ひたすら歩き続けました。

名古屋にきて歩くか食べるかしかしていない。笑

 

あつた蓬莱軒の本店に今回は行ってみたのですが、

建物が京都にありそうなそんな雰囲気のお店でなんだか少し緊張しました。笑

団体さんが来ていたみたいで、本当に不思議な空間でした。

 

写真をみてもわかる通り、ものすごく量が多い!!笑

食べ終わる頃には、またお腹がパンチクリンになるんだろうな〜と思いつつ、

四種類の食べ方で食べました。

私が四種類の食べ方の中で一番美味しいな〜と思った食べ方は、

ひつまぶしをお椀に入れて、お出汁と薬味とわさびを乗せて食べる方法でした。

わさびがいいアクセントになっていたというか、いい仕事してるな〜って思いました。笑

 

正直なことをいうと…

もう一度食べにくるか?と言われると、それは「No」というような感じでしたが、

今回は食べてみたかったので食べることができて満足です。

ごちそうさまでした^^

 

ー名古屋城をみに行ったお話ー

食べたかったものを全て食べることができた私は、

何をするか、どこに行くかとても悩みました。笑

もう何もすることはないな〜。

お腹いっぱいだし。笑

ん〜。

名古屋城でもみに行ってみるか〜。

ということで、名古屋城をみに行って来ました。笑

思っていたより小さくて、すぐに周りを一周することができてしまいました。笑

次はどこへ行こう。

帰りの新幹線は自由席だから、いつでも帰ることができたけど

まだ家に帰りたくないな〜。

歩き疲れたし、どこかゆっくりと座れる場所・・・

私はその時ふと思い出したことがありました。

それは何かと言うと…

コーヒーを片手に本を読む女性のことでした。

名古屋の方に向かって戻って、ゆっくりしよう。

本も一冊家から持ってきているから、それを読もう。

 

ー二度目のコメダ珈琲のお話ー

私は名古屋に戻り、1日目とは違うコメダ珈琲に行きました。

そのコメダ珈琲は、1日目に行った所より広くていろいろな形の席がありました。

私が選んだのは外が見えるカウンター席。

ソファー型のゆったりとした椅子で、そこにも魅力を感じたので選び座りました。

注文したのは、またしてもクリームソーダ。笑

もう一回頼みたくなるくらい美味しい商品です^^

その場所で本を読みました。

気がついたら集中していて、気がついたら最後まで読んでいました。

居心地が最高に気持ちよかった〜。

 

最初は、名古屋にきているのに地元の方でもいけるお店に行くことにちょっとした抵抗があったけど、

よく考えてみたら今回の目的(食べたかったものを食べる)は達成したわけだし、

そんな特別なことをしようとしなくていいのか。と気がつきました。

ひとりで外でゆっくりした時間を過ごす楽しみ方というものをひとつ発見できて嬉しかったです^^

 

ーまとめー

最後はコメダ珈琲でゆっくりして、好きな時間の新幹線に乗って帰りました。

初めてのひとり旅(ひとり遠征)は発見だらけでした。

緊張もしたし迷うこともたくさんあったけど、総じて楽しかったです。

次、ホテルを選ぶ時はここにこだわってみよう(例えば:バスルームとトイレは別がいいな)とか、

どこかへ行こうとするんじゃなくて、ゆっくりするのもひとつだな〜とか。

自分で実際に体験してみて学ぶことが多くて、それが面白いな〜と思いました。

 

やってみないとわからないな〜と思ったし、

やっぱり自分でどんなことも体験してみたいな〜と思いました。

何かをするはじめの一歩ってすごく勇気がいることだと思ってしまうけど、

やってみたらそんなに力まなくてもよかったんやな〜と感じることもたくさんあるし、

これからも自分が興味を持ったことはとことんやっていきたいとそう思いました^^

 

私はコメダ珈琲でゆっくりとする時間がとても気に入りました。

地元でも、ふらっといって時間を気にせずゆっくりしていても構わないカフェとかあったらいいな〜

なんて思っています。笑

また気が向いたら、探しにいってみようかな〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です