ワンピース。

 

最近通学時間に、尾田栄一郎さんの漫画作品

『ワンピース』を読んでいます。

今日は4巻と5巻を読みました。

 

4巻と5巻の間では、ウソップというキャラクターが

主人公であるモンキー・D・ルフィの仲間に加わるまでの物語が

描かれているんですけど、

その中でウソップが、生まれ育った街から一人で海に出ることを決断した時、

街で一緒に過ごしていた三人の子供達に言った言葉が、私は心に残りました。

 

それはどんな言葉だったかというと・・・

「それぞれの野望の火をたやすことなく 己の道をつき進むことをここに誓え!」

という言葉でした。

 

なぜ印象に残ったかというと・・・

理由は自分でもよくわかりません。笑

でもこの言葉を読んだ時、自分の中でハッとなった感覚がありました。

そして、今の自分にとって野望の火(自分の中で絶えず燃えていること)って

何やろう〜とも思いました。

 

今の自分にとってなぜか印象に残った言葉。

何で印象に残ったのか、わかるようなわからないような。笑

今は言葉で表現できないだけかな〜。笑

 

ワンピースやキングダムといった漫画を読んでいると、

心の中がジワーンとあつくなるので面白いです。笑

なんでやろうか?と不思議にも感じます。

ワンピースはずいぶん前からある作品で、

今もなお続いている作品だから、

今出ているところまで読むにはまだまだ時間がかかりそうです。笑

でも冒険を楽しみながら自分のペースで読み進めていきたいと思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です